日経225の手数料

 

日経225の手数料というのはそれぞれの証券会社によって違っていますから、少しでも安い手数料の証券会社と取引をするというのが一番いいと思います。日経225ノ証券会社を比較する際の一番のポイントとしてこの手数料を比較するということがあるのではないでしょうか。日経225の手数料で比較した場合に人気のある証券会社としてはトレイダーズ証券も人気がある一つです。手数料は1枚1785円と言われていますからかなり安いのではないでしょうか。他にも人気があるといわれているひまわり証券の日経225ノ手数料蜂波に1枚1890円です。先ほどのトレーダーズ証券に比べるとすこしたかいですが、それでもかなり安いのではないでしょうか。
日経225を始めるに当たっては、まずは証券会社選びから始めることになると思いますが、その際には各証券会社の手数料についてチェックしておくのが一番ですね。証券会社の手数料をいちいち一つ一つチェックするというのが大変だという人の場合にはインターネット上で証券会社の日経225手数料一覧というのも公開されていますからそちらを見れば一目瞭然だと思います。手数料は安いにこしたことはありませんが、他にもツールや便利さなどでも比較してみてもいいですね。

日経225の取引時間

 

日経225の取引時間というのはどこも同じというわけではなくて、証券会社ごとに違っています。日経225の取引時間は、たとえばひまわり証券の場合になると24時間取引可能ですし、トレイダーズ証券も24時間になっています。他にも24時間日経225の取引をしているというところは、オリックス証券も原則的には24時間になっています。リテアクレア証券は日経225ノ取引時間派、5時半から15時10分になっています。他にも日経225ノ取引時間というのは証券会社ごとに違っていますから、自分で確認してみるといいですね。証券会社を選ばなければ日経225の取引を始めることは出来ませんが、日経225ノ取引を始めるにあたっての、証券会社を選ぶポイントとして取引時間を見ているという人も多いようです。取引時間を確認した上で証券会社を選ぶという方法も一つの方法としてありますね。これから証券会社を選ぶという人の場合には、取引時間を参考に比較して見るという方法もあるかもしれませんね。
日経225の取引時間によっては、自分が取引したいと思っている時間に出来ない証券会社もあるわけですから、きちんと見ておいたほうがいいと思います。取引時間が一覧でわかるサイトもあります。

日経225とレバレッジ

 

レジバッジといえばFXの魅力の一つでもありますが、日経225でもレバレッジを効かせることは可能です。レバレッジをかけて、ハイリターンを望めるのですが、その反面で、かなりハイリスクも背負うことになりますから、その点は理解しておきましょう。資産を50万円持っていて、現物取引をする場合には、投資金額の50万円以上損が出ることはありませんね。そして株の信用取引の場合でも、委託保証金が決められていて、30%に決められていますから、50万円の担保で取引をしていて30%なら、166万円になり、これは単純に計算すれば、3倍レバレッジがきいている計算になりますね。50万円の投資で166万円の取引ができ、それで利益がかなり出ればいいのですが、逆に損をしてしまった場合には、50万円の元金で、166万円の損が出ることになるので注意しましょう。
日経225の取引は、証拠金を基にして、証券会社が、売買に必要な最低証拠金のラインを決めています。例えばその最低証拠金が30パーセンで、15パーセントの最低証拠金が必要であるというような決め方がされている場合には、45万円資金が必要であるということになります。
そして日経225の値段が13000円だった場合には、45万円で1300万円もの取引をしていますから、これを計算すると、29倍のレバレッジでの取引になります。
日経225ではたった10円値段が動いただけでも、1万円単位の利益か損失が出てしまいますから、結局は証拠金よりもハイリターン、ハイリスクがあるということを覚えておきましょう。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク
1消費者金融 ブラック10

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク
1消費者金融 ブラック10